吉野町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
8月27日(火)に吉野町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今月は「ジオラマブックエンド」か「壁掛け飾り」のどちらか一つを作りました。
まもなく9月、お月見の季節ということで和紙や紙ねんどを使ってお月見にふさわしい作品を作りました。

今回はうさぎの形を作るのにクッキーなどで使われる型を利用したのですが、やはり紙ねんどは勝手が違うようで型から取り出すのに苦労している方が多くいました。
飾り付けでは他の方の分まで和紙を切り出して手伝っていた方がいるなど、終始和やかな雰囲気で進めることが出来ました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です