新沼田第二復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
8月28日(水)に新沼田第二復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今月は「ジオラマブックエンド」か「壁掛け飾り」のどちらか一つを作りました。
まもなく9月、お月見の季節ということで和紙や紙ねんどを使ってお月見にふさわしい作品を作りました。

紙ねんどでお団子を作るのはなかなか難しく、本物のお団子の様に手のひらでくるくるしているだけでは固まらずぼろぼろになってしまうなど苦労されている方が多くいました。その後試行錯誤しながら手のひらよりも指でこねるように作ったほうが良いことが分かり、皆さん実践しつつ周りの方の手伝いも行っていました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です