作成者別アーカイブ: shippo

「有限会社コンテナおおあみ」様を訪問させて頂きました

こんにちは。                                      応援のしっぽ事務局の熊本です。                             先日、有限会社コンテナおおあみさんに取材のためお邪魔させていただきました。

 

コンテナおおあみさんは、「編んだもんだら」を企画・販売している会社さんです。     「編んだもんだら」は震災後仕事が出来なくなった気仙沼市、南三陸町、登米市のお母さんたち が作っている海産物をモチーフにしたアクリルタワシで、タコやヒラメなどの種類があります。

  IMG_1465

その日は直接商品を作っている方たちとは会えなかったのですが、コンテナおおあみの足立さんにお話を伺いました。                                   足立さんが語る製作秘話は元気はつらつとしたお母さんたちの姿が思い浮かぶほどの濃いお話で した。

作り手であるお母さんたちのこだわりが強く、「さんまの口は黄色くなっているのが鮮度の良い証だから黄色くしたい」「貝の中に貝柱を入れたい」「この魚はこんなところに目が付いていない」など、企画段階でかなりの議論がまき起こるそうです。                   また、作るモチーフにもこだわりがあり、例えば南三陸町のお母さんたちは地元の名産であるタコをモチーフとし、気仙沼市では大島で有名な椿をモチーフにしています。

小さなタワシの中にもお母さんたちの大きな誇りが詰まっていることが垣間見えるお話でした。

 

震災から6年が経ち、徐々に売り上げが少なくなっているのが現状です。お母さんたちには今後に ついて不安を持っている方もいるとのことで、そんな中注文があるとまだ忘れられた訳ではないと嬉しさを感じているそうです。                              応援のしっぽとしてももっとお母さんたちが安心できるようなサポートを築いていく必要があると感じた取材となりました。

今回は取材させて頂き、ありがとうございました。

 

~~~~~~~

新商品として藁で出来た「もんだら」が発売されました。                 元々編んだもんだらの「もんだら」とはこの藁で編まれたタワシの事を指します。       昔ながらの伝統・暮らしの知恵を今に伝えたいとの思いで作っているそうです。        また、コンテナおおあみさんでは居酒屋などのプロジェクトも行っております。        お近くに行かれた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

IMG_1452     IMG_1451

6年をこえて

昨日の3月11日をこえて、東日本大震災発災から7年目に入りました。
区切りがついた人も、ついていない人も、
区切りなんかつかないという人も、だからなんなんだという人も、
ひとまずそれらは、すべて昨日のことで。
今は、ただ、また続いていく自分たちの人生をしっかり生きていくことに、
そして戻ってきた日常に、焦点をあわせていることと思います。

理不尽な多くの喪失の経験を10年20年経って振り返った時に、
友人に、子どもに、孫に、それでも得難き出会いがあったのだと、
笑顔になることができる思い出ができたのだと、
そう静かに言える人たちが少しでも増えるように、
応援のしっぽは活動していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

「Coco唐」様を訪問させていただきました。

こんにちは、齋藤です。

半年ほど前から、応援のしっぽから商品を購入してくださったお客様へ
手作り団体さんのインタビューを掲載したお便りをお送りしています。
3月のしっぽ便りのためにCoco唐さんへインタビューをする目的で工房にお邪魔しました。

宮城県気仙沼市唐桑。
急な坂道が多く、1cmでも雪が降ったら雪かきをしないと登れなくなってしまうそうです。
「今年は雪が少ないから雪かきする回数が少なくて良かった」と話していました。
そんな風に世間話を交えながらインタビューを行いました。
便りに掲載しきれなかったお話を少しだけ紹介します。

前から疑問に思っていた団体の名前。Coco唐の由来を聞くと、
「ここ(気仙沼)から(唐桑)元気をって意味」と説明していただいた後に
「最初は唐元気(空元気)にしようかって話もあった」
「自虐じゃないですか」とツッコミを入れたのは応援のしっぽの代表の広部。
Coco唐さんとの付き合いは長いけれど、初めて聞いたそうです。

団体ってどういう存在なんですか。
「生活にハリが出る」
「ここに来るために家事も張り切って終わらせる。おかげで休日はだらだらして家事が終わらない」
「用事があるから今日は活動できないからって言ってお茶だけして帰ることもある」
と笑っていました。
人が集う場所になっているんですねと私が言うと、作り手さんが頷いていました。



今まで活動をしていて嬉しかったことを聞いてみると
「東京に行った時に知らない人が私たちの作品を使ってくれているのを見た時」、
「知り合いの知り合いがCoco唐の商品を使っているのを教えてくれた時」、
「自分たちが作った商品を誰かが使っていてくれるのが嬉しい。より良い商品を皆さんに届けたい」と話しておりました。

商品を作っている時に欠かせない検品作業。
何本針があるのかこまめに確認をして、
一本でも欠けていると床を這いつくばって探すそうです。
本人が気づく前に他のメンバーが「あら~、そこにあるっちゃ~」と見つけることも。
広部が「銀行員の1円玉みたい」と言うと「それ以上」と言っていました。
検品作業を厳しく行っている姿が見えました。

気仙沼市は震災前は海水浴地として人気でしたが、
まだシーズンに開放されていないこともあり、
観光客が以前ほど訪れていません。
被災地としてボランティアや観光に来てくれる方も、
震災後と比べればぐっと減りました。
復興していくにつれてそれは自然なことではありますが、
Coco唐さんの商品は観光のお土産として販売することが中心だったため、
今後も活動を続けていくためには、
別の販路も開拓していかなければいけないという悩みを抱えています。

「私たちは周りの人に恵まれていたから」
代表の梶原さんがインタビュー中に何度も口にした言葉。
Coco唐の皆さんの人柄があたたかいから、こちらも何かしたいなという気持ちに自然となってきてしまいます。私は今まで電話のやり取りや交流会という形でしか会ったことがなかったので、初めてCoco唐という団体と向き合った気持ちになりました。
名残惜しくもCoco唐を後にしました。
インタビューさせていただき、本当にありがとうございました。

どこの団体にインタビューをしても気になるのは、
ここから先どうして行くのかという悩みです。
団体さんがより多くの選択肢の中からこれからのことを決められるよう、
応援のしっぽは皆さまのことをサポートしていこうと改めて思いました。

応援もなか新規登録団体さまのお知らせ

大槌復興刺し子プロジェクトさんの登録が完了いたしました。

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町では、当時多くの人々が仮設住宅での生活を余儀なくされました。震災直後から男性は瓦礫撤去や家の修復など、やらなくてはいけない仕事が山積みでしたが、女性は仕事もやることもない状態でした。
そんななか、「何かをしたい」という思いからたどり着いたのが、避難所という限られたスペースで、針と糸、そして布さえあればできる「刺し子」の製作でした。


IMG_0885    IMG_0884


仮設住宅で一日中横になって過ごしていたおばあちゃんも。
仕事を失ったお母さんも。働き盛りの若い女性も。
復興への願いを込めて、ひと針ずつ刺していく。
2011年6月、こうして大槌復興刺し子プロジェクトは始まりました。
大槌刺し子では、毎週火・水曜日の週2日「刺し子会」の日を設けており、刺し子さんが制作商品の買取や材料の受け渡しのため、事務所に通ってきます。

IMG_0896     IMG_0897     IMG_0889

今でも、約30名の刺し子さんが毎週刺し子会に顔を出しており、ここで交流やお互いの情報交換をするなど、地域の一つのコミュニティとして大きな役割を果たしています。
この日を楽しみに一週間を過ごすという刺し子さんも多くいます。

応援よろしくお願いします。

「南三陸ミシン工房」様を訪問させていただきました

こんにちは。齋藤です。
7月末にはみやぎ生協さまと共同で制作している「復興応援 新・手作り商品カタログ」のVol.6が発刊される予定です。
カタログの発刊、販売が続いているのはご購入・ご支援いただいている皆さまのおかげです。いつもありがとうございます。
次のカタログはどうしようかと、日々事務局では話し合っております。
そんな中、この団体さんを新しくカタログに掲載できないかと思い連絡を取ったところ、直接お話しできる機会をもてました!

本来は代表理事の廣部が挨拶に向かうところですが当日体調不良だったため、齋藤と熊本が訪問して参りました。団体の代表の方と直接会って応援のしっぽのことやカタログのことを説明するのは初めてだったのでプレッシャーが……。
南三陸の道中。まだ工事が続いているため、ダンプカーが列をなす山道。去年、交流会の際に南三陸ポータルセンターへ来た時とは大分景色は変わってきたと思いますが、まだまだ完成していない道もあります。時が経つにつれて報道も少なくなり、東日本大震災で被災した地域はもう被災地ではないという認識を持つ人たちも増えていってますが、復興したと言えるのはいつになるのだろうと南三陸の景色を見るたびに思います。
さんさん商店街を越え、物静かな道に入りました。長閑な風景が広がっており、本当にこの道で合っているのだろうかと不安になっていると、建物を発見!

IMG_0740

ということで「南三陸ミシン工房」さまにお邪魔させていただきました。
南三陸ミシン工房は、東日本大震災で被災した女性たちを支援するために2011年秋に生まれた「ミシンでお仕事プロジェクト」が元になっています。
単なる物資支援にとどまらず、ミシンをお渡しするとともに縫製指導や販売のサポートをすることで、仕事につながったり、働くことで生きがいになってくれればとの思いからでした。
震災後にできたコミュニティのほとんどに通じることですが、南三陸ミシン工房さまもノウハウがない、なにもかも手探りのなか始まりました。

車を駐車しようとすると、建物の中から現れたのは代表の熊谷さま。
軽くご挨拶をした後、まずは事務所の方で手作り商品カタログのことや私たちの団体のことを紹介いたしました。
「なかなか他の手作り団体の活動の様子はわからないので、このカタログを見たらきっとみんな喜びますよ」
他県へ被災地のことを伝える広告誌の役割をしていると思っていた私は目から鱗。同じ地域の人たちが頑張っているという励みにもなっているのですね。
カタログへの掲載は二つ返事でご了承いただけました。
震災から5年が経過して、販路を求める団体は少なくないようです。これからも活動を継続していきたい。そう願う団体さま方のためにも応援のしっぽも販路を開拓していく必要があると感じます。
工房で活動している団体の皆さまにお会いしましたが、皆さんとっても元気な方々です。
皆さんの活動の邪魔にならないようにそっと端に寄りながら眺めさせていただきました。



カタログに載せる商品のサンプルをお預かりして南三陸ミシン工房の皆さまとはお別れしました。
どんな商品が掲載されるかはカタログのVol.6が発刊されるまでお楽しみに。
南三陸ミシン工房の皆さま、お忙しいところお邪魔させていただいてありがとうございました!

帰りにさんさん商店街に寄ってお昼ご飯!今はうに丼の時期ですよ。
商店街から少し歩くと南三陸サポートセンターがありまして、その隣の建物には南三陸の手作り商品がずらりと並んでいます。南三陸ミシン工房さまの商品もございますので、さんさん商店街にいらっしゃいましたら是非お立ち寄りください。

次はもう少し風が弱い日に行けたら良いなと思います。