黄金浜第二復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
10月26日(金)に黄金浜第二復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「おやすみアイピロー」を製作しました。
アイピローとは、目の上に置く枕の様なもので、中にいれた砂の重さによって目の疲れを癒すアイテムです。
砂袋を入れるカバーをフェルトや飾りで自由に模様付けして頂きました。

今回は参加者は少なかったのですがみなさん時には世間話をしながら楽しく製作を行っていたのが印象的でした。
時には住んでいる部屋の設備の取り外し方について話していることもありました。こうしたことも気軽に話す機会が持てることは人が集まるワークショップの強みだと感じる一幕となりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

吉野町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
10月24日(水)に吉野町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「おやすみアイピロー」を製作しました。
アイピローとは、目の上に置く枕の様なもので、中にいれた砂の重さによって目の疲れを癒すアイテムです。
砂袋を入れるカバーをフェルトや飾りで自由に模様付けして頂きました。

フェルトがうまく切れずに居た方も周りの方tに手伝ってもらうなどして楽しく製作していました。見本を参考にしながらも、自分自身のイメージや他の見本との組み合わせで自由な作品を作っている方がたくさん居て、とてもカラフルで楽しげな作品が出来上がっていました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

新沼田第二復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
10月22日(月)に新沼田第二復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「おやすみアイピロー」を製作しました。
アイピローとは、目の上に置く枕の様なもので、中にいれた砂の重さによって目の疲れを癒すアイテムです。
砂袋を入れるカバーをフェルトや飾りで自由に模様付けして頂きました。

製作の際には見本を見て自分が作るモチーフを決めていたのですが、同じモチーフを作る方が集まって見本を共有していたり、お互いの製作状況を見比べながらフェルトを切ったり張ったりしている姿が印象的でした。
中には見本が無い完全オリジナルのだるまの模様を作っている方も居て、その想像力には私も驚くばかりでした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

駅前北通り復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
10月17日(水)に駅前北通り復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「おやすみアイピロー」を製作しました。
アイピローとは、目の上に置く枕の様なもので、中にいれた砂の重さによって目の疲れを癒すアイテムです。
砂袋を入れるカバーをフェルトや飾りで自由に模様付けして頂きました。

フェルトを丸く切るのがうまい人に頼んで自分の分も切ってもらうなど、和気あいあいながらも出来にこだわって製作を行っていました。
製作後のお茶会では昔はやった事柄や自分のことなど、世間話を楽しくしていました。普段集まれないのでこういった機会は助かると言って頂き、この活動がコミュニティ形成支援の一助になっていることを感じることが出来ました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

門脇東復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
10月17日(水)に門脇東復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「おやすみアイピロー」を製作しました。
アイピローとは、目の上に置く枕の様なもので、中にいれた砂の重さによって目の疲れを癒すアイテムです。
砂袋を入れるカバーをフェルトや飾りで自由に模様付けして頂きました。

フェルトを器用にカットしておうちのデザインや、人形のデザインなどとても細かく製作していた方が居て、その繊細さには驚くばかりでした。
アイピローを見ることも初めてという方が、カバーが完成した後に早速目に載せていてその姿が微笑ましい回となりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。