吉野町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
9月19日(水)に吉野町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回の製作物は、「ブーケづくり」です。
様々な造花を束ね、不織布や紙で周りを包んでオリジナルのブーケを作りました。

ブーケは最後にリボンの飾りを付けるのですが、リボンが中々うまく結べない人もいて、リボン結びがうまい人が手伝ったりするなど協力して製作している姿が見られました。
中にはプレゼント用としてきれいに製作している人もいて、これを貰った方はさぞ喜ぶことだろうなと勝手に思ってしまいました。
誰かのために作るというのも良いものですね。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です