駅前北通り復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
9月19日(水)に駅前北通り復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回の製作物は、「ブーケづくり」です。
様々な造花を束ね、不織布や紙で周りを包んでオリジナルのブーケを作りました。

皆さん話し合いながら、「この色の花にはこの花が良いんじゃない」とアドバイスを送っていました。
包み紙も上手く出来た人のものを参考に作るなど、こだわりが見えました。
復興公営住宅は借家なので画鋲などを刺しにくいので物を飾るスペースが出来にくいそうですがこのブーケならばちょっとしたスペースに飾れそうなので良かったと思います。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です