新沼田第二復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
9月27日(木)に新沼田第二復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回の製作物は、「ブーケづくり」です。
様々な造花を束ね、不織布や紙で周りを包んでオリジナルのブーケを作りました。

たくさんの花を飾って作るということもあり、皆さん好みの色の花を挿したり取ったりして見た目が良くなるよう製作していました。
中には、造花の茎に針金が入っていることを利用し、花の向きを動かして他の花やブーケの包み紙に被らないよう調整しているなどこだわっている人も多く、印象的でした。それだけ集中してくれている人も多く開催している甲斐があります。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です