大門町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
8月8日(水)に大門町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「紙ねんどの貯金箱づくり」でした。
紙コップで出来た土台の上に紙ねんどを付けて自由に貯金箱を作りました。

紙ねんどをさわるのはかなり久しぶりだったので殆ど初めてさわる様な感じだったと参加者さんは口々に言っていましたが、慣れてくると付けた飾りが落ちない様に紙ねんどで抑えたり、余った紙ねんどで羽根の様なパーツを作ったりと自分の作品をより良くしようと取り組んでいる姿が印象的でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です