あけぼの北復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
8月22日(水)にあけぼの北復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「革の小物づくり」と「うちわの絵付け」でした。
革の素材に好きなマークを刻印し、その上から色をぬることでオリジナルの革の小物と真っ白なうちわに自由に折り紙などを貼りつけてカラフルなうちわを作りました。

刻印を入れるには金型を革に当ててハンマーで打つ必要があるのですが、結構力のいる作業でもあるので、どうなるかと思いましたが、参加された中でも最高齢のおばあちゃんが、勢いよくハンマーを振り下ろしているのを見て、それが杞憂だったと安心しました。皆さんの元気には本当に驚かされます。
うちわは前に切り絵を体験をやっていた方がその時の切り絵を持ってきてうちわに貼り付けていたのが印象的でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です