あけぼの北復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
7月25日(水)にあけぼの北復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「紙ねんどの貯金箱づくり」でした。
紙コップで出来た土台の上に紙ねんどを付けて自由に貯金箱を作りました。

他の復興公営住宅でも動物などをモチーフとして作られている方が多くいたのですが
あけぼの北復興公営住宅では貯金箱部分を土台としてその上に飾りを付けるという斬新なデザインの貯金箱を作っている方がいて思わずそのアイデアにうなるようなワークショップとなりました。
想像力は無限大なのだと改めて気づかされた気分です。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です