駅前北通り復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
8月23日(木)に駅前北通り復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「革の小物づくり」と「うちわの絵付け」でした。
革の素材に好きなマークを刻印し、その上から色をぬることでオリジナルの革の小物と真っ白なうちわに自由に折り紙などを貼りつけてカラフルなうちわを作りました。

革の小物では皆さん元気よくハンマーを打ちおろしており、日ごろのストレス発散になったと笑っていました。色塗りでは全体を一色にまとめて塗ることで、色のムラやかすれを防いできれいな作品が出来上がっていました。
うちわの製作では、紙をうまい具合に細長く切り、自分の名前に加工して貼り付けている人居ました。世界でひとつだけのうちわに喜んでいました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です