吉野町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
8月22日(水)に吉野町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「革の小物づくり」でした。
革の素材に好きなマークを刻印し、その上から色をぬることでオリジナルの革の小物を作りました。

革に刻印を打ち込むという作業は初めての方が多く、ほとんどの方がハンマーの力加減や色付けに悪戦苦闘していました。それでも、完成した作品の中にはきれいなグラデーションが色付けされていた作品もあり、楽しんで製作されていたように感じました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

  

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です