吉野町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
5月23日(水)に吉野町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「手作りシェードのランプ作り」でした。
和紙を寿司まきやプラスチックの容器に貼り付けてオリジナルのランプを作りました。

製作したものの中には和紙の柄そのものではなく、柄をクロスして貼り付けることで綺麗なランプを作っていた方がいるのが印象的でした。
参加者の方からも「手や頭の運動になって良い」「色々な作品を作れて楽しい」といった声を頂き、改めて手作りするということの力を感じました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です