新沼田第二復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
3月19日(月)に新沼田第二復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「素焼きだるまの模様付け」を行いました。
真っ白なだるまに、和紙や色紙、絵の具などを使って自由に飾り付けを行い自分だけのオリジナルだるまを作りました。

皆さん最初から興味津々で始める前から色紙や和紙が置いてあるテーブルに集まり、「この色が良い」「これとこれを組み合わせてきれいな色味にする」といった歓談に花を咲かせていました。
製作の段階では、顔の模様付けに皆さん苦労されている部分はありましたがそれぞれ思い思いのいい顔を作ることが出来ました。
中にはほっぺに赤色をうっすらとまとわせ、美人なだるまを作っている方も居ました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です