大門町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
8月11日(水)に大門町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は「華やかお祭りちょうちん」を製作しました。
無地のちょうちんに、飾りや折り紙、マジックで思い思いに模様をつけてもらい、世界で一つだけのオリジナルちょうちんを一緒に作りました。

折り紙の柄をどう生かしながら貼るかを考えたり、柄によって大きく切り取ったり小さく切り取ったりとメリハリをつける工夫をしながら製作していたのが印象的でした。
皆さん長年やってきただけあってこのような判断をつけるのも格段にうまくなり、成長に都市は関係ないのだと実感しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です