門脇東復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
3月10日(水)に門脇東復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「帆布の小物」を作りました。
帆布を好きな形に切って飾りやフェルトを貼り、コースターやキーホルダーなど好きな小物を作って楽しみました。

帆布とフェルトを組み合わせてコースターを作ったり、形にこだわってはさみを動かしてキーホルダーを作ったりと思い思いの作品が完成していました。
「家に帰ったら早速使ってみる」と楽しそうに話されていた方が印象的でした。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です