門脇東復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
12月19日(水)に門脇東復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「消しゴムはんこ」か「クリスマスリース」のどちらか好きな方を製作しました。
はんこ用の消しゴムをヘラやつまようじで削り、年賀状にもピッタリな自分だけのはんこをつくりました。
クリスマスリースはリースに鈴やリボンといった飾りを貼り付けてクリスマスらしいリースを作りました。

クリスマスリース作りではグルーガンを使用したのですが、初めて使う方が多く説明の際にやけどの危険性などを説明したためか恐る恐る使用しながら製作していました。ただ、使っているうちに慣れたのか最終的には今まで使ったことが無いのがウソのようにてきぱきと使いこなしていました。
消しゴムはんこ作りの方は皆さん手先が器用なのかこちらで用意した題ではなく、オリジナルの題で挑戦している方が多く、仕上がりもとてもきれいで驚く出来でした。
この日はクリスマスの食事会もあり、私たちもご一緒させて頂いたのですが弁当をぺろりと平らげる皆さんの食の太さに驚きました。健康は食から出来るものですね。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です