大門町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
11月14日(水)に大門町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「ミニクリスマスツリー」「クリスマスリース」のどちらか好きな方を製作しました。
ミニクリスマスツリーは土台にフェルトや飾り、綿を付けて小さなカワイイクリスマスツリーを作りました。
クリスマスリースはリースに鈴やリボンといった飾りを貼り付けてクリスマスらしいリースを作りました。

今回は全員がリースづくりを選んで製作しました。クリスマスの相応しいものになるように、カラフルな飾りを付けて製作を楽しんでいました。
製作後のお茶会では、皆さんが持ち寄ったリンゴやブドウなどが振舞われ大変豪華のものになりました。
私にもおすそ分けを頂いて一緒に頂きました。ありがとうございます。
「こうして集まる機会があるのは本当にいい事だ」と言っていただけたことがうれしかったです。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です