大門町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
6月13日(水)に大門町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「コップ帽子の風鈴作り」でした。
風鈴やウインドチャイムの上に自由に飾り付けたコップを乗せ、オリジナルの風鈴を作りました。

紙コップは柔らかい上に底に向かってだんだんと小さくなっているので紙を貼ってもゆがんでしまうなど苦労されている印象でした。
しかしその分達成感は大きかったようで、完成した風鈴をカランカランとならして楽しんでいる姿はとても楽しそうでした。
この日はお昼に別のイベントがあり、そのまま参加された方も居ました。その積極さはこちらも見習うべきものですね。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です