吉野町復興住宅にてワークショップを行いました。

こんにちは。応援のしっぽの齋藤です。
12月18日(月)に吉野町復興住宅の集会所にてハンドメイドワークショップを行いました。
応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興住宅の集会所にて団地内・団地外の人問わず参加していただき、ワークショップを行っております。

今回は、講師を呼んで陶芸教室を行い、簡単なお皿やコップを作りました。

【スタッフの感想】こちらの団地では、陶芸を経験したことがある方も参加しており、ちょっと作るのが難しい花瓶にチャレンジしていました。お皿は粘土を叩くようにして平らに伸ばしていくだけなので、高齢の参加者も簡単に自分だけの食器ができたと喜んでいました。

形を作った食器は、乾燥させ、窯に入れて焼き、1ヵ月半~2ヵ月後に参加者の皆さんに手渡される予定です。

IMG_3810 IMG_3818 IMG_3808 IMG_3792

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です