黄金浜復興住宅にてワークショップを行いました

こんにちは。応援のしっぽの齋藤です。
12月13日(水)に黄金浜第二復興住宅の集会所にてハンドメイドワークショップを行いました。
応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興住宅の集会所にて団地内・団地外の人問わず参加していただき、ワークショップを行っております。

今回は、クリスマスに飾ることで有名な「リース」を作りました。材料にはクリスマスっぽい飾りから、造花などを用意し、時期を問わずに飾れるものを作れるようにご用意しました。

「材料がたくさんありすぎて選ぶのが難しい」「私にはセンスがないからなぁ」と言っていましたが、色々な材料を組み合わせて素敵なリースが完成しました。

「同じ棟に住んでいるのに顔を合わせたことがなかった」と参加者同士で話されていました。何があるかわからない年齢になってきたのだから、近所の人たちの顔を知っていた方が今後助かるだろうとわかっていても、なかなか近隣に住まう人と会う機会がないと悩んでおりました。

【スタッフの感想】「ワークショップがあるから人と顔を合わせられる」という方も少なくなく、そういう方々がコミュニティをつくり、自主的に集まるようになれれば、復興住宅が抱える様々な問題も解決していけるのではないかとお話を聞きながら思いました。

IMG_3774 IMG_3769 IMG_3773 IMG_3772 IMG_3762


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です