吉野町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
5月23日(水)に吉野町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「手作りシェードのランプ作り」でした。
和紙を寿司まきやプラスチックの容器に貼り付けてオリジナルのランプを作りました。

製作したものの中には和紙の柄そのものではなく、柄をクロスして貼り付けることで綺麗なランプを作っていた方がいるのが印象的でした。
参加者の方からも「手や頭の運動になって良い」「色々な作品を作れて楽しい」といった声を頂き、改めて手作りするということの力を感じました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

新沼田第二復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
5月21日(月)に新沼田第二復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「手作りシェードのランプ作り」でした。
和紙を寿司まきやプラスチックの容器に貼り付けてオリジナルのランプを作りました。

製作中でも皆さんがとても楽しく話されていたところが印象的でした。「皆さんとお話しできて笑えて体にいいと思う」という感想も頂きコミュニティ支援として良い影響を与えることが出来ていると安心しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

駅前北通り復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
5月16日(水)に駅前北通り復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「コップ帽子の風鈴作り」でした。
風鈴やウインドチャイムの上に自由に飾り付けたコップを乗せ、オリジナルの風鈴を作りました。

今日はいつも参加されている方の娘さんも参加して頂くなど、手作りのしっぽの広がりを感じさせる回となりました。
紙を貼る作業よりもコーティングのためのデコパージュ液を塗る作業の方が楽しいと言っていた方も居て、手作りで塗るという工程を挟むものを考えていと思いました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

駅前北通り復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
5月16日(水)に駅前北通り復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「手作りシェードのランプ作り」でした。
和紙を寿司まきやプラスチックの容器に貼り付けてオリジナルのランプを作りました。

製作に使用したランプはマジックで直接色を付けることによってカラフルなランプにすることが出来るのですが、皆さんがそれぞれ好きな色で塗った結果大変カラフルなランプが出来上がりました。
家に帰って飾るのが楽しみと話されていたのも印象的で、良い製作になったと思います。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。