大門町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
2月9日(水)に大門町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は「雪だるまの貯金箱」を作りました。
素焼きの雪だるまに折り紙やマジックで好きな模様をつけてオリジナルの貯金箱を作りました。

作品のベースを見たときは「色を塗るだけなら簡単かな」と皆さんおしゃっていたのですが、いざ製作すると細かい場所のぬり分けなどがなかなか難しく苦労されていました。それでも完成した際は気に入って眺めている姿が印象的でした。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です