大門町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
12月9日(水)に大門町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は「紙ねんどのかがみもち」を作りました。
お正月に欠かせない「かがみもち」を、紙ねんどや和紙などを使って飾り付けながら製作を行いました。

折り紙の組み合わせや色合いを見てどう作ろうかと考えながらやっていたり、どうすれば豪華な飾り付けができるかと屏風風に紙を折っていたりとそれぞれの工夫が光る作品が完成していました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です