門脇東復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
9月16日(水)に門脇東復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今月は「宝箱風小物入れ」の製作を行いました。
木製小物入れにガラスの飾りや花、フェルトなどを使って飾り付けをして自分だけのオリジナルの宝箱を製作しました。

中まで飾りを用いて一種のインテリアの様に製作する方、周りをフェルトで囲って一味違う小物入れにする方、それぞれの個性があふれた作品がたくさんできました。
どんな飾りがあるのか、どんな使い方があるのかを探しに回っている方も居て、賑やかな回となりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です