駅前北通り復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
2月19日(水)に駅前北通り復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今月は「紙ねんどのマグネットフック」の製作を行いました。
紙ねんどを好きな形に整形し飾りやフック、磁石を組み合わせることで玄関とびらや冷蔵庫にくっつけて使えるマグネットフックを作りました。

参加者さんには磁石を2つずつお渡ししていたのですがその2つをひとつの作品に一気に使用することで、吸着力とフックの耐荷重を高めた大きな作品を製作していました。
フックを入れるのを手伝ったり、成形を手伝ったりと皆さんが協力し合って製作を行っていたのが印象的でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です