大門町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
2月13日(水)に大門町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は「紙コップのお雛さま」をつくりました。紙コップに紙や布を貼り付け、トレーも飾ることでもうすぐ訪れるひな祭りにふさわしい作品を作りました。

紙コップの丸い形に合わせて布地を切るのが中々大変な作業だったようで、時間を掛けながら丁寧に切っている姿が印象的でした。難しいと言いながらもうまく出来てマン増槽にしている姿が印象的でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です