吉野町復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
11月28日(水)に吉野町復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は、「ミニクリスマスツリー」「クリスマスリース」のどちらか好きな方を製作しました。
ミニクリスマスツリーは土台にフェルトや飾り、綿を付けて小さなカワイイクリスマスツリーを作りました。
クリスマスリースはリースに鈴やリボンといった飾りを貼り付けてクリスマスらしいリースを作りました。

リースの飾りつけにはグルーガンを使ったのですが、初めて使う方が多く高温になることの注意をしてから製作に臨んだため慎重に使用している方が目立ちました。それでも、使っているうちになれたのかスムーズに手を動かしながら飾り付けを行い、思い思いの作品を完成させていました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です