未分類」カテゴリーアーカイブ

本日より事務局として勤務になります、阿部です。

皆様初めまして。本日より応援のしっぽの事務局勤務になりました、阿部と申します。先日、代表のブログにもありましたが、内閣府復興支援型地域雇用創造事業交付金事業である、 やっぺす人材育成スクールの受講生で、インターンシップとして昨日まで応援のしっぽに実習にきていました。ですので、私としては、本日から正式に事務局勤務なのですが、もっと前から働いているような感覚になってしまっております・・・・。
私は、産まれてから学生時代まで石巻で過ごし、その後は県外に出ておりましたが、震災時は里帰り出産のために石巻に帰省中でした。本当に涙が止まらないほど苦しい思いもしたけれど、それ以上に色々な方に支えて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
これから出会う皆様と、沢山のことをお話ししていけたらな・・と思っております。

本当はもっと、もっと書きたいことがあるのですが、本日はご挨拶のみで失礼させて頂きます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

東北大学学祭出展

こんにちは、広部です。

11月2日から4日まで、東北大学の学祭に招待されたので、応援のしっぽとして出展してきました。

一日目の展示の様子。角場所を頂いたので、一番広いスペースでした。

一日目の展示の様子。角場所を頂いたので、一番広いスペースでした。



しっぽとして、自らが出展するのは初めてでもあり、なにより展示販売を自らやるのが初めてなので、なにもかもが初めて。・・・展示販売の恐ろしさ、いや、大変さを思い知りました。

まずは、各団体から商品の集荷に始まり、ポップ制作・展示用の値札や棚などの小物購入、おつり用小銭の用意など。軽く考えていたら、これが思いのほか時間がかかる。なにしろ、自分の団体の物品ならどうとでもなるところ、応援もなかに登録してもらっている団体さんの商品なので、念入りにもなろうというもの。ただ、準備は助言をもらいつつ無事終了したのですが、当日のいわゆる「搬入・展示」が山でした。

ちょうど、お手伝いに駆けつけてくれたOBNの斉藤さんと石田さんに手伝って頂き(自分は見てただけですが)、なんとか昼ごろには完成。これはこういう風に展示するという決め事がないと、いちいち考えながら商品を陳列していくので、とても時間がかかるものなのです。何でもそうですが、頭でわかっていても、やってみないとわからない事ってまだまだありますね。斉藤さん、石田さん、本当にありがとうございます。差し入れのおにぎりもおいしかったです。

斉藤さんと石田さん。他の出展団体ともまるで顔見知りのように話されていました。うらやましい。

斉藤さんと石田さん。他の出展団体ともまるで顔見知りのように話されていました。うらやましい。



東北大の学祭の様子としては、ちょっと市街から離れているせいか、一般の方はあまり来ない感じで、学生さんとその保護者、関係者が来てた気がします。

2日目からは、外に移りました。

2日目からは、外に移りました。



売り上げは良いとは言えませんでしたが、こういう商品を作っている団体があるという告知と、なにより、ここに出展させて頂くことにより、さまざまな関係者とお会いすることができました。これは、しっぽにとってひとつの財産です。

今後もこういう機会があれば、なんとか調整しながら、やっていきたいと思います。登録団体及び、出展関係者、そして手伝いや差し入れを持ってきてくれたみなさま、本当にありがとうございました。また、よろしくお願いします。

最後にポスター。

391612_334864369945366_1920333498_n

若林ヘルプ→マートル→ボラサポサロン

こんばんは、広部です。

今日は、一日仙台尽くしでした。効率よく予定を消化できたのは、調整して頂いたみなさまのおかげです。

まずは、若林ヘルプの高橋さんと。若林ヘルプは、被災児童への学習支援や被災して職を無くされた方達の自立支援を行っている団体です。私は今まで、ずっと石巻を拠点にしてきましたが、仙台という足元をほとんど意識したことが無いことに気づき、先日少し怖くなった覚えがありました。紹介頂いた縁に感謝しつつ、仙台のお話を伺いました。高橋さんは代表ではないので登録云々はまた別の機会になりますが、この夜、若林ヘルプの代表とはボラサポサロンで出会う事になるんですね。不思議なものです。

次は、マートルの大友さんと。マートルの大友さんも、職を無くされた方への自立支援を行っているのですが、支援に入りやすい仮設ではなく、みなし仮設住人を主な対象としているのが特徴です。とは言っても、大友さんが声をかけてできた団体ではなく、自然発生的に必要に応じて、大友さんを核として出来上がったような印象を受けました。今は、いろんな物を作っています。

いろとりどりの小物がいっぱい。



大友さんはご自宅も無くされていますが、もともと手芸が趣味だったため、いろいろ材料を買い込んでいたのですが、自宅の2階で波を免れ、それをみんなで使って何か作ろうとしたのが初めです。もちろん、各個人技術に差がありますから、できる人ができるものを。目下の悩みは、みんなで集まる場所がないこと。どうにかできれば良いのですが。

最後は、ボラサポサロン。

来てましたねー。



参加者約60名中、実に5分の一がなんらかの知り合いという・・・。しかしながら、久しぶりに顔を合わせる機会がある方達も多く、なんと、大川小学校でボランティアリーダーしていた時にボランティアを派遣してくれていた方にもお会いできました。その方が別の団体への支援を行っていて、びっくりというか、やはりというか。うれしいですね。

途中、私も指名頂いたので発言させて頂きました。ボラサポへの要望というテーマだったのですが、ずばり、「ネットワークを作って欲しい」。長くなりますので(鼻息も荒くなりますので)ほぼ割愛させて頂きますが、要するに、ボラサポは非常に多くの貴重な情報を持っているわけです。支援を必要とする活動団体の。さらに言えば、そのSOSの声を上げている運営者たちの。その傘の下にいる声なき声を。それを活用するか、活用してもらえる仕組みを作るかしてほしい。いや、するべきだ!!

ふぅ、いかんいかん。持論は、このぐらいで。

集まってきた面々の割には、なにしろ時間が足りず(2時間)、報告会という感じに収まってしまいました。もっと、セッションを増やして欲しかったですが、ヒートアップは確実なので、サロン運営側としても今回は、このあたりが限界かも。

誰が悪いわけではなく、何が正しいわけでもないこの世界で、いかにみんなでうまいことやるか。バランスバランスと唱えながら、今夜は休みます。おやすみなさい。

 

嬉しい贈り物

こんにちは、広部です。

今日は、事務所に嬉しい贈り物が届きました!!

ちょっと、かじっちゃってから気づきました・・・。反省。



これは、先だって、長崎へ栄転になった、しっぽ事務局長からのプレゼントです。すごいなあ、文明堂のカステラに文字はいっちょる。

でも、ちょっとフライングです。登記は25,26日辺りを予定。登記が終わりましたら、改めてご報告させて頂きます。

ふぅ、ごちそうさまでした。おいしかったなあ。カステラと牛乳のコンボは、たまりません。さすがに一本はお腹にたまる。え、何か問題でも?

市川さん、ありがとうございました!!

 

Dandeらいおんの芋煮会という名の修行へ

こんばんは、広部です。

今日は、Dandeらいおんという団体の活動に参加してきました。この団体は、主に宮城県内にて、防災教育を行っています。全ての児童センター、児童館、児童クラブ小学生対象で、月1、2回で開催していたそうです。

ただ、その活動の中であまりに支援が偏っていると漏れ聞いた登米にある「横山幼稚園跡地仮設住宅団地」にて、定期的にコミュニティへの支援活動を始め、今回は、芋煮会を開催。この仮設団地は、わずか24世帯。すでに1世帯抜けて23世帯となっており、しかも年配の方が非常に多く、子供がほとんどいない仮設です。私も、打ち合わせも兼ねて参加させて頂きました。・・・・こんなにさんまを焼くことになろうとは夢にも思わず。

実に50尾以上・・・。・・・・。失敗は成功の元。・・・・・。



元ボーイスカウトの私、火起こしは大の得意なので喜び勇んで承ったのですが、さんまを焼くのは初めて。脂がしたたり落ち、炎が出て、あっという間に焦げる焦げる。そっと、次回からの上出来のさんまの下に隠れましたが。というか、この写真の私の影、なんか頭から出てますけどなんでしょうね?まだ地球人のはずなんですが。

おいしそうに、楽しそうに。



ただ、いろいろな仮設をまわっている私にとっては、ちょっとした違和感がありました。なんというか、まだまだコミュニティとして成り立っていないよそよそしさみたいな。特に年配の方々にですね。この空気感、どういう方向に進もうとも、時間がかかる印象を受けました。どこへ行ってもそうですが、少しずつ少しずつだと思います。

なかなか支援の及ばない所へ、周りが手を差し伸べない所へ、積極的に活動を行っていくDandeらいおんを、しっぽは応援したいと思います。打ち合わせに時間を割いてくれた副代表の齋藤さんも、熱い想いを胸にばりばり仕切っていました。応援最中に対する鋭い指摘と注文を胸に、こういった仲間が活動しているのは、本当にありがたいことだと思いました。