大街道西第二復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
2月26日(金)に大街道西第二復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は「木製万年カレンダー」をつくりました。
紙や布をはってカレンダーの土台を作り、曜日をマジックで書いて組み合わせることでずっと使えるカレンダーを一緒に製作しました。

製作時には折り紙の柄を活かして柄部分のみ切り取ることで、ワンポイントの彩としてカレンダーの土台に貼ったりとと工夫を凝らして製作していました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です