門脇東復興公営住宅で「手づくりのしっぽ」を開催しました

こんにちは。熊本です。
1月20日(水)に門脇東復興公営住宅の集会所にてワークショップ「手づくりのしっぽ」を開催しました。応援のしっぽでは、コミュニティ形成支援の一環として、復興公営住宅の集会所にて団地内・団地外の住民問わず参加していただくワークショップを定期的に開いています。

今回は「張り子ダルマの貯金箱」を作りました。
新しい年を祝うおめでたいダルマに、和紙などで柄を貼り付けて自分だけの貯金箱を作りました。

中にはマジックで色を塗って今はやりのアマビエ柄にだるまを飾った方や、紙を一生懸命貼って作っていた方など様々な個性が出ていました。
皆さんそれを見比べて話している姿が微笑ましい回になりました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です